Comment

寄せられたコメント、左記の順に掲載してあります。

はじめまして。

2011年大きな震災もありまして、

僕らhalnoteは何か新しく行動を起こそうと考えた結果、あの震災には全く関係ないのですが、何か起こさねばと考えた結果、結局ライブするしかないよね、

 

という結論を経て、三ヶ月に一度、企画をやろうということで立ち上げました。

こういうのは気持ちの問題だとも思うのです。

 

継続していくことの大変さ、苦労もあるでしょうが、
後にやってきてよかった、自分たちが、対バンの人たちや、ライブハウスのスタッフさん、そしてお客さん、そこにいる人達が素敵なイベントだと誇れるようなイベントにするために頑張っていこうと思いますので、暖かく見守っていってあげてください、時には冷たく、
いや、やっぱり暖かくお願いします。
では企画でお会いしましょう。
津田 龍太郎(halnote

お互い機材には気を付けましょう、企画よろしくお願いします!

 

BURBARY GIRL

「コメント…って、今回のイベントについて?
うーん、なに言えばいいのかな…。
いや、確かに7月のぼくのイベント『音街ピクニック vol.17』に、halnoteとタトラを呼んだってのが、今回につながってるとはいえるだろうけど。
タトラはそのときが初の東京ライブで、今回が2度目な訳ですね。
2回ともhalnoteと共演、てのは少し心配だよね、東京の印象が偏らないか。
もちろん、良い意味でも悪い意味でも(笑)。

…こんなもんかね?
あとは、そうだな。

楽しみにしてるっす!
わっふぅー!

みたいな?
ダメか。

とにかくhalnote企画だし、
仙台からタトラが来るし、
JET LAG CUTTERSは出るし、
あとのバンドはちょっと知らないので何ともいえないけど、この3組だけでも素晴らしいしね。
これが本当のライブシーン!的なアレが体感出来るのではないでしょうか。


…こんな感じでいい?
あと適当にまとめといてよ、5人目のメンバーのセンスと権限で(笑)。
いやー、いま忙しいからさ。
そう、例の、halnoteとタトラにも関連するアレ。
まだアレなんだけど、10月末くらいから少しずつ明らかになる予定で…いや、それはまだ言えない。
そ、とりあえず10月末を待っていただいて。
え?
んー…、じゃあ、ちょっとだけ明かすとだね、らいねnφξεγζιησЖЙЁфюё∝Å∂‰Θωωωωωωωω・・・」

 

津田  真(クレーター通信)
http://blog.livedoor.jp/tsuda_m/

僕のhalnoteのイメージはジャイアンでした。

今は、いろんな意味で劇場版みたいになってるよね。と思います。

でもずっと劇場版だとも思ってます。

 

僕が前回ライブを見に行ったときには、

なんか長崎がベース弾いてなかったので、ベースが楽しみです。

 

841についてはいろいろ考えたのですが、わかりません。

ヤヨイ?

 

あ、僕の誕生日は831です。

twitterで長崎をいじめないでください。

五藤広海(5人目のhalnote)